HerokuでSinatraを使ってHello worldする

Google App EngineのJRubyでTwitter Botを作るつもりだったんだけど、Twitterライブラリ関連でうまくできなかったので、環境を変えてHerokuでやってみることにした。

Heroku | Ruby Cloud Platform as a Service

Herokuでは無料プランだとcronを1日1回しか使えない1ので、あまりTwitter Botには向いてないと思うんだけど、とりあえずデプロイが簡単なのと、JRubyのような互換性とかに悩まされることはないので、入門には向いているかもしれない。最終的には、超低機能Twitter Botの完成まで持って行きたい。

今回はHeroku上にHello worldと表示するだけの準備~デプロイまでの最低限の流れ。この記事での完成形はこれ

環境

まず前提として以下の2つがあって、

  • Herokuにサインアップ済みであること
  • Gitが利用できる環境であること

今回利用するRuby環境はこんなかんじ。RVMを利用している。

  • Ruby 1.8.7 p330
  • Rack 1.2.1
  • Bundler 1.0.7
  • Heroku 1.17.0
  • Sinatra 1.1.2
  • Shotgun 0.8

インストール

RackとBundlerとHerokuとSinatraが必要なので、それらをインストールする。

$ gem install rack bundler heroku sinatra

必須ではないけど、Sinatraアプリのローカルプレビューで便利なのでShotgunをインストールする。名前かっこいい。

$ gem install shotgun

Heroku用プロジェクトを作成

フォルダを作って、Gitリポジトリを作成する。Herokuを使う上でGitは必須になる。

$ mkdir heroku-hello-world
$ cd heroku-hello-world
$ git init

herokuコマンドを使ってHeroku用アプリをHeroku上に作成する。

$ heroku create heroku-hello-world

希望する名前を指定すると、それが使用可能ならサブドメイン名になる。

もし、

No ssh public key found in /Users/ruedap/.ssh/id_[rd]sa.pub.  You may want to specify the full path to the keyfile.

と出た場合は、

$ git gui

でGUIなGitを起動して、ヘルプメニューから「SSHキーを表示」を選んで、「鍵を生成」ボタンを押してパスフレーズを入力。鍵が生成されてからもう一度、

$ heroku create heroku-hello-world

すると、http://heroku-hello-world.heroku.com/にアクセスできるようになり、Herokuの管理画面にも新しいアプリが生成されているはず。これで下準備が完了。

各種ファイルを作成

プロジェクトフォルダ直下に3つのファイルを作成する。

$ tree
.
├── Gemfile
├── app.rb
└── config.ru
0 directories, 3 files

まず、Bundler用のGemfileファイルを作成する。

source :rubygems
gem 'sinatra'

次に、Rack用のconfig.ruファイルを作成する。

require 'app'
run Sinatra::Application

最後に、Sinatraの処理を記述するapp.rbファイルを作成する。

require 'rubygems'
require 'sinatra'
get '/' do
  'HerokuでSinatraを使ってHello world!'
end

ローカルプレビュー

Shotgunを使ってローカルで確認する。2

$ shotgun -O app.rb

shotgunコマンドに-Oオプションをつけると、サーバー起動後に自動的にブラウザで http://127.0.0.1:9393/ を開いてくれる。便利。「HerokuでSinatraを使ってHello world!」と表示されればローカルでの準備は完了。

bundle

デプロイに向けて、まず利用するgemの仕様書を整える儀式。

$ bundle install

Gemfile.lockが生成されれば完了。

commit

コミット前に、ローカルでは最終的にこんな配置になっていればOK。

$ tree
.
├── Gemfile
├── Gemfile.lock
├── app.rb
└── config.ru
0 directories, 4 files

でコミットする。

$ git add .
$ git commit -m 'heroku hello world!'

デプロイ

$ git push heroku master

でデプロイされる。ちょうかんたん。

$ heroku open

openすると、http://heroku-hello-world.heroku.com/をブラウザで開いてくれるので、そこに「HerokuでSinatraを使ってHello world!」と表示されていればおk。基本的な流れは以上で終わり。

以降の実際のアプリ開発は、Shotgunでローカルプレビュー環境を起動しておいて、app.rbにアプリに追加したい機能を記述してはブラウザで確認する、を繰り返す。デプロイ前には、利用するgemが追加されたならそれをGemfileに追加してbundle installしなおして、gitでadd, commit, pushする。で良いはず。このあとのライブラリ周りなどでハマらないことを祈りつつ、続きは次回。


Ruby版PaaSの”Heroku”で無料Railsホスティング環境を手に入れよう - Social Change!

  1. さらに支払いは発生しないけどクレジットカード情報の登録が必要

  2. GAE/JRubyのdev_appserver.rbコマンドのように、Heroku専用のローカルプレビュー方法があったりするのかな?ちょっとわからなかったので、Shotgunを使って普通にプレビューした