Herokuで使用するRubyのバージョンを変更する

Herokuは、6月1日からRubyのバージョン1.9.2がデフォルトになるみたいなので、今から1.9.2に慣れる準備をしておこうかなと。現状HerokuでRuby 1.9.2を使うには、herokuコマンドを使って変更する必要がある。

Herokuで使用するRubyのバージョンを変更する

まず、現在使用しているRubyのバージョンを調べるには、heroku stackコマンドを実行する。現在のデフォルトでは下記の通り1.8.7が選択されている。

$ heroku stack
  aspen-mri-1.8.6
* bamboo-ree-1.8.7
  bamboo-mri-1.9.2

使用するRubyのバージョンを変更するには、heroku stack:migrateコマンドを使って、変更するバージョンを指定する。今回は1.9.2にするので、bamboo-mri-1.9.2を指定する。

$ heroku stack:migrate bamboo-mri-1.9.2
                - > Preparing to migrate heroku-hello-world
       bamboo-ree-1.8.7 -> bamboo-mri-1.9.2
       NOTE: You must specify ALL gems (including Rails) in manifest
       Please read the migration guide:
       [http://docs.heroku.com/bamboo](http://docs.heroku.com/bamboo)
                - > Migration prepared.
       Run 'git push heroku master' to execute migration.

この時点では変更の予約がされた状態で、実際に変更されるのは次にgit pushした時になる。Herokuにgit pushすると、ログの中に以下のような表示が含まれる。

                - > Heroku receiving push
                - > Migrating from bamboo-ree-1.8.7 to bamboo-mri-1.9.2

これでRubyバージョンの変更が完了。


lokkaをherokuのruby1.9.2で動かす - tyabeの日記