HerokuでWebアプリ開発を始めるなら知っておきたいこと(2) アドオン

「HerokuでWebアプリ開発を始めるなら知っておきたいこと」シリーズの第2回では、基本スペックのHerokuプラットフォームに機能を追加できる「アドオン」について書きます。このシリーズのまとめページはこちら

最小グレードのアドオンは無料

Herokuには、利用しているアプリ(プラットフォーム)に色々な機能を付け足せる「アドオン」というものがあります。

Herokuが提供しているアドオンの一覧ページ Herokuが提供しているアドオンについての日本語解説記事

またジオシティーズを例にしてしまいますが、昔のジオシティーズはホームページ容量3MBだか5MBが無料で、その容量をアップする場合や、別途CGIプログラムを利用する場合には、有料オプションを使いました。

Herokuのアドオンも基本的な考え方はそれと同じですが、Herokuが素晴らしいのは、そのアドオンの中でも一番低いグレードでの利用は基本的に無料で使わせてくれます。無料の対価としてのバナー広告表示などもありません。提供されているアドオンの中には、全部のグレードが有料となっているものも一部ありますが、上記の一覧ページで「FREE」と書かれているアドオンは無料で使えます。ただし、他のWebサービスと連携するアドオンの場合、そのWebサービス先の利用料は発生することがあります。詳しくはアドオンごとに調べる必要があります。

アドオン一覧を見ると、結構な数のFREEがあります。前回ご紹介したように、基本となるHerokuプラットフォームが無料提供されている上に、この最小グレードのアドオンが無料という点においても、Herokuはとりあえず試してみることに適していると思います。

利用にはクレジットカードの登録が必要

ただし、1つだけ注意点があって、アドオンを利用する場合は無料グレードであっても、最初に本人確認としてのクレジットカード情報の登録が必要ということです。アドオンを追加せず、単に無料範囲のHerokuプラットフォーム(前回紹介した基本スペック部分)だけで利用する場合は、クレジットカード情報の登録は必要ありません。ですが、それなりに使い続けているとcronやDBのバックアップくらいは使いたくなります。実際自分がそうで、使い始めて少し経ってからクレジットカード情報を登録しました。当たり前ですが、無料グレードのアドオンを使っている限り、料金は発生しません。 下記の記事では、実際に無料グレードのcronアドオンを利用する手順を書いていますので参考にしてください。

Herokuのcronを使って自動でTwitterにつぶやく

最小構成ならアドオンも含めて無料で使える

というわけで、前回の記事のHerokuプラットフォームの基本スペックに、最初は無料グレードのアドオンを足して使えば、結構な範囲での無料利用が可能になり、様々な新しい技術(アドオン)を試すこともできます。また、Herokuに新しく追加されたばかりのアドオンであれば、これまたベータ版として無料利用(期間は限られますが)できます。自分はまだベータ版のアドオンを利用したことはありませんが、こちらも組み合わせるとさらに使えるアドオンが広がります。

今回はアドオンについて書きました。Herokuを始めてすぐはアドオンを利用しないかもしれませんが、ある程度使い方がわかってきて「あれがしたい」「これがしたい」となったときにアドオンはお世話になる機能です。Herokuにはアドオンという機能拡張のサービスがあるということは押さえておきたいポイントです。次回はデプロイの簡単さについて書きたいと思います。


第4回 Herokuのアドオンと外部サービスを活用しよう | Think IT Heroku | Add-ons