MacのFinderで不可視ファイルを見えるようにする

Mac OS Xを再インストールして、Finderでドットファイルが見えなくなっているのに気づいて、どうやって表示させたか思い出せなくてググった。てっきりFinderのメニューから表示させられるのかと思ってたけど、ターミナルからコマンド打たないとできないんだね…。

ターミナルでコマンド実行

以下のコマンドをターミナルから実行すると、Finderが再起動されて不可視ファイルが表示されるようになる。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
$ killall Finder

戻す場合はTRUEの部分をFALSEに変えて再度実行すればおk こんなコマンド打った覚えさっぱり無いけど、再インストール前は表示されてたからやったってことだよなぁ。上記のようにターミナルから設定する以外にもGUIで設定できるツールもあるみたい。今回は不可視ファイルだけ見られればよかったのでターミナルからコマンドを実行したけど、このツールの場合はそれ以外にもいろいろカスタマイズできるっぽい。


MacのFinderで隠しファイルを表示する方法2つ - このブログは証明できない。