HTTPメソッドのPOSTとPUTの使い分け

どこで見たか忘れたけど、POSTはURLが変わる場合に使用して、PUTはURLが変わらない場合に使用する、と書かれたページを読んだことがあって、POSTとPUTの使い分けはそうするものだと思ってた。が、これは間違い1っぽい。Webアプリ制作におけるバイブルとも言えるWebを支える技術を読み返していたら、これらの使い分けの指針が載っていて、それは自分が覚えてた使い方と逆だった。

POSTとPUTを使い分ける指針

POSTとPUTを使い分けるのに明確な答えはないみたいだけど、Webを支える技術では以下のような設計上の指針を紹介されていた。

これには正解は存在しませんが、設計上の指針として次の事実があります。 POSTでリソースを作成する場合、クライアントはリソースのURIを指定できません。URIの決定権はサーバ側にあります。逆にPUTでリソースを作成する場合、リソースのURIはクライアントが決定します。 (中略) 一般的に、クライアントがリソースのURIを決定できるということは、クライアントを作るプログラマがサーバの内部実装(URIにどの文字を許すのか、長さの制限はどれくらいかなど)を熟知していなければなりません。 そのため、PUTのほうがどうしてもサーバとの結合が密になります。特別な理由がない限りは、リソースの作成はPOSTで行いURIもサーバ側で決定する、という設計が望ましいでしょう。

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST

これを読む限り、特別な理由がない限りは常にPOSTで良いと言えそう。そして、最近作ったNekostagramでは特別な理由がないので、PUTではなくPOSTで良かったことが判明した。というわけで、最初はPUTで作っていたけど、現在公開しているバージョンではPOSTに修正した。

この件についてアドバイスを頂いたので別の記事でフォローアップしました。

SinatraでのPUT

ちなみに、SinatraでPUTにしたい場合は、HTMLでフォーム送信時に_method要素に値putを入れて送信する。

input type='hidden' name='_method' value='put'

Design Recipe 別館 Blog - Sinatra - 軽量だが拡張性の高い Ruby の Web App フレームワーク

  1. 正解のないことなので、必ずしも間違いとは言い切れないんだけど