WindowsのMS-IMEやGoogle日本語入力で英数/かなキーを使ってIMEの状態を切り替える

Macの英数キーでIMEをOFF、かなキーでIMEをONに慣れてしまうと、WindowsでのAlt+半角キー(または半角キーのみ)でIMEのON/OFF状態をトグルするのはとても非効率だと感じるようになる。で、Boot Campや仮想マシン上のWindowsを触ったときに、英数キーを押すとカタカナとかになってイラッとする。これらの仮想環境のWindows上でも英数キーを押せばIMEがOFFになるように変更する方法を調べたので備忘録。使っているキーボードは、Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/Aなので、Windows用キーボードだとキーの割当が違うかもしれない。Apple Wireless Keyboardの場合は、なぜか無変換キーを修正・割当することで変更できた。

Google日本語入力

  1. タスクトレイ等に表示されているGoogle-IMEのアイコンを右クリックしてコンテキストメニューから「設定」をクリックする
  2. IMEの一覧から「Google 日本語入力」を選択した状態で、「プロパティ:ボタンをクリックする
  3. 「Google 日本語入力 プロパティ」ウィンドウが開くので、「一般」タブ内の「キー設定の選択」項目で「カスタム」を選択して「編集」ボタンを押す
  4. 「Google 日本語入力 キー設定」ウィンドウが開くので、左下の「編集」ボタンから「定義済みキーマップからインポート」→「MS-IME」を選択する
  5. MS-IMEの設定がインポートされるので、スクロールして一番下を表示させ、以下のようにこの3行の「入力キー」部分をクリックして、「割り当てるキーの入力:」で割り当てたいキー(英数キー)を入力する。Apple Wireless Keyboardで英数キーを押した場合だと「Muhenkan」と表示される
場所 修正前 修正後
下から7行目 入力なし/Hankaku/Zenkaku/IME を無効化 入力なし/Muhenkan/IME を無効化
下から4行目 変換前入力中/Hankaku/Zenkaku/IME を無効化 変換前入力中/Muhenkan/IME を無効化
下から1行目 変換中/Hankaku/Zenkaku/IMEを無効化 変換中/Muhenkan/IMEを無効化

MS-IME

  1. タスクトレイ等に表示されているIMEバーのツールアイコンをクリックしてプロパティを選ぶ
  2. 「Microsoft IME スタンダードのプロパティ」ウィンドウが開くので、全般タブの設定ボタンをクリックする
  3. 「Microsoft IME 詳細プロパティ」ウィンドウが開くので、キー設定タブの「*キー」列にある「無変換」行を見つける1
  4. 「無変換」行の2番目の列2の「かな英数」をダブルクリックする
  5. 「機能選択」ウィンドウが開くので、一覧の中から「IME-オン/オフ」を選んでOKボタンを押す

日本語入力のOn/Off切り替えキーを変更する:IME 日本語入力システムの使い方

  1. 普通に考えると、「英数」の行を見つけるべきだけど、Boot Camp上で「Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A」を接続している場合、デフォルトで英数キーには無変換が割り当てられていた。何が割り当てられているかを調べるにはChangeKeyなどのフリーソフトを使用

  2. 「入力/変換済み文字なし」の列