Rubyの正規表現で使える組み込み変数

似たような記号が多くて覚えづらいので書き出してみた。

正規表現用の組み込み変数

以下のコードを実行した場合の出力結果を横にコメントで書いてみた。最低限覚えておいたほうがいいのは「$&」と「$数字」かな。ほかは使わないとすぐ忘れそう、というか使いたい時に思い出せなさそう。

"hoge fuga piyo poyo" =~ /(f\w+)\s(\w+)/
p $~  #=> #<MatchData "fuga piyo" 1:"fuga" 2:"piyo">
p $&  #=> "fuga piyo"
p $`  #=> "hoge "
p $'  #=> " poyo"
p $+  #=> "piyo"
p $1  #=> "fuga"
p $2  #=> "piyo"

それぞれの記号の解説と覚え方を、リファレンスマニュアルから抜粋。

変数 覚え方 クラスメソッド 説明
$~ 「~」はマッチに使われる Regexp.last_match 現在のスコープで最後に成功したマッチに関する MatchData オブジェクト
$& いくつかのエディタでの「&」と同じ Regexp.last_match[0] 現在のスコープで最後に成功した正規表現のパターンマッチでマッチした 文字列
$` 「`」は文字列の前に置かれる Regexp.last_match.pre_match 現在のスコープで最後に成功した正規表現のパターンマッチでマッチした 部分より前の文字列
$' 「`」は文字列の後ろに置かれる Regexp.last_match.post_match 現在のスコープで最後に成功した正規表現のパターンマッチでマッチした 部分より後ろの文字列
$+ be positive and forward looking. Regexp.last_match[-1] 現在のスコープで最後に成功した正規表現のパターンマッチでマッチした 中で最後の括弧に対応する部分文字列
$1 「\1」のようなもの Regexp.last_match[1] 最後に成功したパターンマッチで1番目の括弧にマッチした値
$2 「\2」のようなもの Regexp.last_match[2] 最後に成功したパターンマッチで2番目の括弧にマッチした値

組み込み変数 - Rubyリファレンスマニュアル