VimperatorがTwitterクライアントになるTwittperatorプラグインを使う

世の中を変えるにはTwitterをやってちゃダメっぽいけど、ぼくはTwitterがけっこう好きなのでVimperatorからでもツイートできるプラグインTwittperatorを使ってみる。

セットアップの流れは昨日のTwitVimとほぼ同じ。クライアント側で認証申請→Twitter側で許可して認証番号取得→クライアント側で認証番号入力。

キーマップもTwitVimと同じに設定することで、PCを使っているときにもっとも長時間使うエディタとブラウザ、どちらでも同じショートカットキーでTwitterにつぶやける環境を構築できて最強になる。海賊王にもなる。

Twittperatorのインストール

twittperator.js at master from vimpr’s vimperator-plugins - GitHub

をダウンロードして.vimperator/pluginに配置する。Firefoxを再起動。

Twittperatorのセットアップ

:tw -getPIN

とコマンドラインモードで打ち込むと、Twitterの認証ページが表示されるので、許可して暗証番号を取得する。

:tw -setPIN XXXXXXX

をして、XXXXXXXの部分にさきほど取得した暗証番号を入力する。

[Twittperator] getting access token in success

と表示されればセットアップ完了。

Twittperatorの基本操作

タイムラインを取得する。

:tw

タイムラインを取得する。(強制リロード)

:tw!

ツイートする。

:tw ほげほげ

今見てるページについてツイートする

せっかくブラウザを使っているんだから、今見ているページへのリンクと共に、ツイートしたいと思うのが人情。どうやってやるんだろうと、Google先生に尋ねてみたら既に同じ疑問を持った人がいて、しかもそのブログのコメント欄に作者さんがサンプルコードを載せてくれていたので、それを使わせてもらった。感謝。

nnoremap ,tt :<C-u>js commandline.open(":",["tw",buffer.title,buffer.URI].join(" "),modes.EX)<CR><C-a><Right><Right><Right><Space>/<Space><Left><Left><Left>

こんな感じで.vimperatorrcに書いておく。

Twittperatorの.vimperatorrc設定

ってことで今のところのTwittperatorの.vimperatorrcはこんなかんじ。基本的にTwitVimもTwittperatorもつぶやきメインの目的で使う予定なので、タイムラインを見るための設定とかはほとんどしてない。

""" twittperator.js
nnoremap ,tp :<C-u>tw 
nnoremap ,tf :<C-u>tw!<CR>
nnoremap ,tu :<C-u>tw!@<CR>
nnoremap ,tt :<C-u>js commandline.open(":",["tw",buffer.title,buffer.URI].join(" "),modes.EX)<CR><C-a><Right><Right><Right><Space>/<Space><Left><Left><Left>

OAuth対応Twitterクライアント: twittperator.js - Vimple Star Sprites - vimperatorグループ